×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

わかやま新報
和歌山大有志が安保反対声明 署名活動へ
15年08月17日 18時55分[政治・経済]

参議院で審議が続く安全保障関連法案について、和歌山大学教育学部の教授らを中心とする「安全保障関連法案の廃案を求める和歌山大学有志の会」(事務局長=越野章史教育学部准教授)が発足し、14日、声明を発表した。

呼び掛け人は越野准教授や江利川春雄教授、内田みどり教授ら9人。声明では「憲法違反の法案をひとたび許せば、民間人の動員や徴用、さらには徴兵制に至る、より危険な法律の制定に道を開きかねない」などと訴え、国策遂行のための研究や教育が強制されかねず、大学の危機を招くとの強い懸念を示している。

今後は教職員や学生、退職者や卒業生などに呼び掛け、500人を目標に賛同者の署名を集める。また、主に学内で学習会や講演会を開き、法案反対への取り組みを強めていくという。

14日に呼び掛け人の7人が県庁で記者会見を開いた。越野事務局長は「地方からも声を上げることで、東京の運動の後押しにもなるはず。廃案に向け学内から一般まで、広く賛同者を募りたい」、江利川教授は「関心はあっても、どう行動していいか分からない学生も多くいる。まずは学習会で正確な知識を積み上げながら共有化していくのが第一歩」と話した。



会見する呼び掛け人の(左から)江利川教授、越野准教授、内田教授