×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


JR和歌山前駅でロングラン宣伝(9月17日)

 2015年9月17日午後3時から7時まで、JR和歌山駅前で、「戦争をさせない和歌山委員会」と「憲法九条を守るわかやま県民の会」の呼びかけで、ロングラン宣伝を行いました。
 国会情勢が緊迫する中、「戦争法制、強行採決反対」の意思表示をしようと、「採決に賛成・反対」のシール投票をよびかけ、訴えを記したティッシュを配り、横断幕や「強行採決反対」のステッカーを掲げて、次々にリレートークを続けて道行く人に訴えました。和歌山大学有志の会からも参加してトークをしました。
 途中、委員会での強行採決が伝えられると、トークには、強行への怒りと、運動は終わらないという訴えも加わりました。
 シール投票には若い人も多数足を止め、圧倒的に「反対」の投票をしていました。
 宣伝行動は明日も行う予定です。




▲ シール投票




▲ リレートークで訴え




▲ 弁護士会の弁護士さんも